妊婦さんの吐き気はつわりだけじゃなく便秘が原因のことも

b2016y07m19d_150747502
妊娠中の吐き気というのはつわりなのか違うのかが分かりにくくて厄介ですよね。つわりになることが多い妊娠初期でも、つわりからの吐き気ではなく便秘が原因のこともあります。

妊婦さんの便秘は長く続いてしまうことが多くて、しかも、妊娠期間が長くなるほどに大きくなる子宮などにより胃や腸が圧迫されることで気分が悪くなったり吐き気、嘔吐するということも少なくありません。

便秘が酷くなって吐いてしまったり、吐き気がする、発熱するというのは妊娠中でなくても起こる事ですがつわりや他の病気と区別がつきにくいので心配になります。

ストレスで悪化する便秘

便秘によるストレスでさらに便秘が酷くなり腸の動きが悪くなっていきますから、早く便秘解消することが唯一の解決策となります。この場合、市販の便秘薬や下剤は使用しないようにしましょう。

妊娠中に処方される便秘薬

妊婦でもラキソベロンという薬は使ってもいい?

マグミットの副作用で体調不良になることも

妊婦でも便秘解消に酸化マグネシウムを飲んで大丈夫?

検診してもらっている産婦人科や信頼できるかかりつけの医師の診断後に処方してもらってください。実際に嘔吐したり吐き気が酷くて妊娠中でも飲める便秘薬さえ受け付けないという状態であれば、座薬を使うことが多いです。しかし、注意したいのがこの薬の効き過ぎという状態です。

便秘が続いた後は下痢になりやすく、腸を刺激するようなお薬を使った場合は便秘解消というより下痢になるということがあります。この下痢があまりに酷いと子宮収縮を起こして切迫流産になる場合はありますから注意が必要です。

とにかく便秘解消は早めに!

妊娠中は現在まったく便秘でないという状態でも、いつ便秘が酷くなるか分かりません。先に今後のことを考えて食事などでしっかりと便秘予防をしておきましょう。便秘予防は続けることが大切です!

  • 日ごろから水分を多めに飲む
  • 食物繊維が豊富な食事
  • 乳酸菌オリゴ糖などの摂取
  • 禁止されてなければ軽い運動

2、3日出ないということがあれば、便秘が酷くなる予兆とも考えられますからすぐに便秘対策を強化させるなど行う方が安心ですよ。

便秘から誘発される病気と吐き気の原因

便秘が続くと逆流性食道炎の場合、症状がひどくなる傾向があります。げっぷが多い、胃酸が上がってくることがある、吐き気、嘔吐、胃痛、痰が出るなどが主な症状ですが妊娠中は胎児の成長とともに大きくなった子宮に胃が圧迫されて悪化しやすい状況です。

それに加えて便秘が続くと腸内に食べたものが溜まっていくわけですから、腹圧が上がってさらに多くの症状が出てきます。逆流性食道炎はすぐには治る病気ではないのですが、便秘を解消するだけで症状が出にくくなります。

関連記事

妊娠中期の便秘解消・予防対策とは?

妊娠中の便秘で切れ痔&出血で痛い時の対処方法は?

妊娠中に便秘になる原因とは?

妊婦の便秘 重症化すると大変なことに・・・

前置胎盤のときの妊婦の便秘解消法

妊娠初期に便秘になりやすい原因と対処方法