妊婦が便秘になる原因と症状

妊婦の便秘 重症化すると大変なことに・・・

投稿日:

b2016y07m19d_124316019便秘で悩んでいる女性はとても多いですが、妊娠期間中はさらに便秘に悩まされる方が増えてくるものです。

妊婦さんが便秘になる原因は様々ありますが、妊娠初期の頃につわりがひどい人は、食事の量が減り絶対的な便になる元の量が少ないために、酷く便秘になるなどがあります。

また、妊婦の便秘はお腹の赤ちゃんが成長してくると、子宮が腸を徐々に圧迫するようになります。大腸の蠕動運動がこの圧迫されることで弱まって便が進んでいく速度が落ちていき、その間に水分が抜けてしまうのでカチカチで排便しにくくなるのです。

そのため、いざ便座に座ってもいきむのが怖かったり、いきみづらいです。いきんで押し出す筋肉に力を入れにくい事、いきむと早産してしまうのではという恐怖心もあります。また、妊娠する事で黄体ホルモンの分泌が盛んになります。そのため、腸の活動が鈍くなる事で便秘になってしまいます。

たかが便秘だと放置しないで

妊娠中の便秘はかなり酷くなることも多くて、さすがに放置する妊婦さんもいないかと思いますが、基本的には市販の下剤を使うことができないのでイザ、お腹が痛くなったとか、お腹が張ると思ったときに困ることになります。

産科、婦人科などで医師から処方される下剤、便秘薬もありますができれば飲まないほうがいいに超したことはありませんよね。ですから、便が排出されやすいように腸内環境を整える乳酸菌オリゴ糖、食物繊維などを意識して摂る必要があります。

妊婦の便秘が重症化すると・・・

便秘が酷くなって重症化するとどうなってしまうの!?流産とか早産とか・・・と悩んでしまいそうですが、便秘が原因でということはほとんどありません。ただ、大腸の神経というのはとても敏感ですから、カチカチな便が溜まったままでちょっと動いたりすると、それはそれは激痛なんですよね。

この激痛や、痔になってしまったり、お腹が張って痛かったり、ストレスが溜まることがよくありません。また、便秘ではなくて赤ちゃんが異常を知らせているのに、便秘の腹痛、お腹のハリだと勘違いしてしまうことが一番怖いことですよね。

とにかく早く対処することが重要

b2016y07m18d_230905676妊娠期間中の便秘を放置すると、赤ちゃんへの悪影響や、痔になるなどもあり、できるだけ早くに便秘は解消するように心がけましょう。妊娠中は、栄養指導などがありますが便秘解消のためのメニューも考慮してみて下さい。

お通じにいいとされている食物繊維の豊富な野菜や果物、海藻類などを食べるようにしましょう。また、腸の働きを活発にするためにもアレルギーなどがないのであれば適度にヨーグルトなど乳酸菌が入っているものも食べましょう。

ただ、通常の便秘予防程度ではホルモンバランスの関係からも便秘になりやすい妊娠中の便秘は解消できないことが多いので、食べ物対策だけでなく、オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維をサプリなどから摂ることをお勧めします。

水分もしっかり補給して

b2016y07m19d_124620197そして、便を柔らかく出しやすくするためにも水分補給は欠かせません。食事もスープするなど水分が摂れるようなメニューを考えましょう。足がむくむなどの症状がある場合は必要以上に水分をとることは良くないので体調も考慮するといいですね。

妊娠後期に入るとお腹も大きくなるために体を動かすのが大変になってきます。そのために、運動不足の影響でより筋力が落ちてしまい便を押し出す力が無くなってしまう事もあります。大きなおなかで体を動かす事はしんどいですが、無理をしない程度に歩くなど意識して動くように心がけましょう。

妊娠後期まで便秘解消の努力をしてこないでいると、重症化してしまう場合があります。いきんでも出ない状態になってしまったり、おなかの張りが続く場合には便秘薬を処方してもらいましょう。便秘薬で効かない場合には、浣腸をして貰う事になります。妊婦検診などでも便秘については質問されることが多いので、その時には積極的に相談しましょう。

妊婦さんにオススメ便秘解消アイテム

はぐくみオリゴ

000rank-hagukumi
  • 無添加のオリゴ糖100%
  • 善玉菌がどんどん増える
  • 5種類のオリゴ糖でスゴイ威力
甘みが少ないオリゴ糖なので、ドリンクやお料理の味を損ないません。熱に強いのもGOOD!個人差はありますがかなりの即効性があります。(私の場合は翌日にどっさりw)

-妊婦が便秘になる原因と症状

Copyright© 妊婦の便秘解消方法 妊娠初期から後期までスッキリ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.